2013_04
21
(Sun)09:51

山ボラ (岩黒山清掃> 4月21日)

山のボランティア、今回は自遊人山の会として参加しました。
約40名の参加者で賑わい、岩黒山の直登コースとトラバースコースを清掃しました。
私たちは直登コースです。

 <作業前の打ち合わせ>
2.jpg

 <作業の準備風景>
3.jpg

 <作業の様子>
4.jpg

5.jpg

6.jpg

 <今回参加メンバー>
7.jpg
スポンサーサイト
2013_04
20
(Sat)09:38

皿ケ峰 4月20日

午後は雨との予想で五山中のハイキングだと皿ケ峰がお手頃だ。
午前8時30分に風穴の登山口から出発、十字分岐を経由して皿が峰山頂、竜神平を経由して上林から元の風穴登山口へ。
山頂は6~7人のグループが食事をとっていた、私たち二人もお湯を沸かしてドリップコーヒーを呑みながら周りを見るが芽吹きも少し早そう、お花たちも少し早かったようです。
竜神平に降りましたが誰もいない、のんびり上林方面を散策するが何もない。

分岐を過ぎて下山にかかるとゾロゾロと団体の先頭の方が手を挙げてご挨拶をする、よく見ると山岳ガイドのMさん、20名近くの方を連れての山行だそうだ。

駐車場に降りて松山へ帰るがその頃から雨が落ちてきた。
本日の山行は初心者を連れてのハイキングで、初心者も案外楽な行程に満足したようだ。
 <竜神平の工作物・・・何のためだろうか?>
IMG_0024.jpg

 <小さな花が少しだけ>
IMG_0032.jpg

2013_04
18
(Thu)09:06

山のボランティアと笹蔵湿原

4月21日の山行(自遊人山の会定例山行)

山ボラと笹蔵湿原

山行  砥部役場初07:20~土子屋白石旅館09:00~清掃活動~笹倉湿原登山口13:30~笹蔵湿原15:00~笹蔵登山口17:00~砥部役場着19:00

山のボランティア(清掃活動)をした後、笹蔵湿原を訪ねます。
2013_04
14
(Sun)07:19

赤星山 4月14日)

自遊人山の会、初めての研修山行です。
ハイキングが初めての会員もいますので、比較的に登山道が安定している中尾登山口から赤星山をめざした。
先頭は岡崎さん、恥じてて山行の私の家内は2番目、私が最後尾で家内の指導にあたった。

私も4年前の4月に初めて皿が峯の風穴から山頂をめざしたが、少し進んでは休み休み登ったが、心肺機能が低かったように彼女も急な登りでは数メートルは進み<ゼ~ゼ~>だ。

2時間半の予定が大幅に遅れるが、なんとか山頂には到達です。
山頂には夫婦らしい二人組、展望は春の霞がかかって瀬戸内海はすっきり見えません。
シートを広げて昼食を取り、本日の目的・・・・カタクリの花を探すが葉っぱはあるものの姿が見えません。
後で地元の方に聞くと連休あたりらしい、登る時から廻りをぶんぶん飛び回るうるさい虫が気になり、記念写真を撮りすぐさま下山開始。
下山は休憩なしで時間はかかりましたが無事登山口に到着,回数を重ねることで事故のない安全な山行ができることをできれば良いのですが、とにかく本人のやる気次第でしょう。

住友フォレストにはカタクリがあるだろうと向かう、人工栽培のカタクリは今が満開、カタクリやミツバツツジにアケボノツツジも咲いていたので会員さんも満足して帰途に着く。

山行記録 松山出発06:00~中尾駐車場08:00~中尾登山口08:15~赤星山山頂到着11:20~赤星山山頂出発12:20~中尾登山口14:15~中尾駐車場着14:25~中尾駐車場出発14:35~住友フォレスト着15:15~住友フォレスト出発15:45~松山着17:30

 <中尾駐車場・公民館>
1

 <中尾登山口・地元の民家の間を上がる>
2

 <芽吹いていない登山道を歩く>
3
4
5
6

 <山頂の様子>
14.jpg

 <赤星山山頂から土居方面>
8

 <記念撮影>
7

 <カタクリの葉>
15.jpg

 <民家にあった藤の蕾>
9

 <カタクリの花・貴婦人の舞?>
10
11

 <アケボノツツジ>
12
13




2013_04
09
(Tue)09:07

赤星山の貴婦人を訪ねよう

カタクリの花を訪ねよう。

IMG_0999.jpg

日時 : 4月14日 (日曜日)

山行計画 : 松山出発06:00 ~ 中尾登山口駐車場08:00 ~ 中尾登山口出発08:30 ~ 赤星山山頂11:00 ~ 写真撮影及び食事 ~ 赤星山山頂出発13:00 ~ 中尾登山口着15:00 ~ 中尾登山口駐車場出発15:15 ~ 松山着17:15

参加予定 : 石居(男性)・石居(女性)・岡崎(男性)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。