2015_05
31
(Sun)22:36

楢原山 5月31日

四国百名山の楢原山に行こうと向かうが、中腹から山頂まではガスが掛かっていたので湯之谷林道の終着点から登ることにしたのだが。
楢原山には東西に四国の道があり西側の竜岡木地から登る為に近くまで行くが舗装道が切れて雨上がりの悪道の為、急遽鈍川温泉から先に進む。。
鈍川温泉から少し進んで右折、湯之谷林道を進み終点に着くと周りはガスに包まれていた
初めての所でガスが掛り地形がわからないのでGPSで位置確認していると広島ナンバーのマイクロバスが到着して数名の方が山頂へ向かっていた。
ナンバーを確認すると広島、ここだけにマイクロバスで来るとはリッチな人たちです。
登山道に入ると木道で綺麗に整備されており、30分程度で山頂にでた。
山頂も生憎ガスで周りが見えないので、早々に後にした(展望がきかない為、早々に下山)。
山頂直下には初代の子もち杉や2代目の子持ち杉があり、立派な巨樹に感動!!しかしお花は何もありませんでした。。
帰りは、北条の腰折れ山の岩場を視察して岐路に着きました。
                                        レポート 石居
 <登山道入り口>
1

 <綺麗に整備された木道の階段>
2

 <初代子持ち杉・・・枯れた巨木の根っこから新しい芽が出ていた?>
4
 
 <2代目の子持ち杉>
3

 <山頂広場>
6

 <ガスが巻く登山道>
5

スポンサーサイト
2015_05
30
(Sat)18:35

瓶ケ森 5月30日

ミツバツツジの開花を尋ねて瓶ヶ森へ・・・・・
瓶ケ森登山口 ~女山分岐 ~女山山頂 ~男山山頂 ~瓶ヶ森登山口
約一月半振りのハイキング、女山の登りになると息が切れるが、歩き慣れると大丈夫だろう。
女山の山頂から稜線を辿って男山山頂へ向かうが、満開のミツバツツジのバックには石鎚連峰だが、稜線に花は少ない。
よく見るとつぼみが多く少し早かったようです、見ごろは来週末辺りではないでしょうか?
日当たりの良い男山山頂直下の大岩テラス(厳冬期の撮影ポイント)の下辺りには満開を迎えたミツバツツジが咲き誇っていた。
テラスから少し降りた所に悠然と構える白骨樹があるが、登山者はもとより写真家にとっては人気のオブジェである。
何時までも姿を変えないで残って欲しいのだが、自然の厳しさは過酷なもので年々枝の先が短くなっているようだ。
レポート 石居

 <土小屋から石鎚>
3K6A0005.jpg

 <子持ち権現・何かに似ている?>
3K6A0007.jpg

 <瓶ケ森>
3K6A0008.jpg

 <女山直下から石鎚>
3K6A0014.jpg

 <稜線からミツバツツジ越しの石鎚だが花がない>
3K6A0023.jpg

 <日当たりの良い所に咲いていたミツバツツジ・・・青空はすぐ消えた>
3K6A0044.jpg

 <花のアップ>
3K6A0060.jpg

 <男山直下のテラスのミツバツツジは満開だった>
3K6A0065.jpg

 <人気の白骨樹は健在だ>
3K6A0072.jpg

 <新しいテーブルに椅子が何箇所かに設置されていた>
3K6A0077.jpg
2015_05
27
(Wed)13:23

筒上山 シロヤシオのお花を求めて

5月23日(土) 晴れ    参加者女性1名

昨日の一番の目的は西冠のお花畑でした。3種類(ユキワリソウ、キバナノコマノツメ、
イワカガミ)のお花に会えて感檄でした。
今日は 筒上山のシロヤシオを見に行きました。
ちまたでは ツツジは裏年というけれど 私は少しでもいいから シロヤシオに
会いたくて出かけました。

昨夜は 土小屋でツェルト泊をする予定でしたが車中泊で我慢して
小さくなって寝ました。もちろん シュラフを着てですよ~。
土小屋は 夜中は10度以下で寒いんですよ。

6:15 土小屋にある筒上山・岩黒山登山口
s5P5230434.jpg

ウラジロモミの純林
s5P5230439.jpg

7:00 丸滝小屋 鳥居の奥にヒカゲツツジを探しに行くと咲き残りと
シャクナゲがありました。
s5P5230450.jpg

この2日間で 一番 花つきの多いシャクナゲです。色も綺麗し
お花も充分 綺麗でした。
s5P5230470.jpg

ナンゴクミネカエデの花 これはとっても可愛いお花で好きな
お花です。
s5P5230479.jpg

鉄板でできた桟道です。しばらく続いており この桟道がなければ
手箱山・筒上山には行けません。桟道は覚心寺の信者さん
たちによって架けられたものだそうです。ありがたいことですね。
s5P5230487.jpg

イシヅチテンナンショウ
s5P5230494.jpg

9:10~9:30 右側は覚心寺手箱山根本道場、白い鳥居をくぐり筒上山へ行きます。
s5P5230589.jpg


            40mの鎖場です。数本のロープもかけてあります。
            ロープは古くなっており あてにはなりません。
            3点確保を守り 充分 気を付けて登りましょう。
           s5P5230595.jpg

10:10~10:20 筒上山山頂 山頂でも ゆっくり景色を楽しみました。
ここから尾根道を下山します。
s5P5230621.jpg

山頂からすぐの白骨樹にウグイスがとまって 「ホ~ホケキョ」を
繰り返し鳴いていました。振り返って ポーズをとってくれました。
s5P5230637鶯 - コピー

ツクバネソウアップしました。いたる山で見かけるツクバネソウです。
羽根つきの羽根ににているところから 名前がつきました。
s5P5230648.jpg

コヨウラクツツジ
s5P5230654.jpg

ヒカゲツツジ 今年は開花が早く花つきも悪い中 これだけの
花をつけた木がありました。感激~~。
s5P5230657.jpg

ピンクのエンレイソウ シロバナが多い中 ピンクのエンレイソウは
数少なく珍しいです。
s5P5230658.jpg

シロヤシオ~~純白で素敵~
s5P5230667.jpg

筒上山の尾根道の1500m~1600mラインには たくさんの
シロヤシオの木がありますが 今年は花つきが悪かったですね。
この木は たくさんついている方です。
s5P5230671.jpg

登りにはわからなかったけど 下山時に発見、咲き始めの
ういういしい純白の清楚な花でした。
s5P5230682.jpg

12:50 土小屋着。今日は お花観察でゆっくりし過ぎたかしら。
これから久万高原町の心といううどん屋さんに行きます。
果たして間に合うかどうか~

土小屋から車をちょっとだけ飛ばして 心うどん店に着くと
ラッキーなことにまだやっていました。5/21にお邪魔した時は
お休みだったから嬉しい。私の一番大好きなうどんをいただくことが
できました。幸せ~~。
私は 小で300円也~ネギ、天かす、ショウガ、ゴマは自由です。
s5P5230687.jpg

好天の中 2日間山に登り たくさんのお花に出会いました。そう~
一期一会、県外登山者の方たちとの語らいも、出会いも楽しい~~。
また~何処かの山で会えたらいいね~~。ちょっと 無理かしらね。

                    by katakkuri
2015_05
25
(Mon)23:37

石鎚山~二ノ森 西冠のお花畑

5月22日(金) 晴れ   参加者 男性1名・女性1名

今年は お花の開花が早いようである。
少し早いけど 石鎚山の東稜コースのシャクナゲやイワカガミと
西冠のお花畑を見にボランティア仲間を誘って行ってきました。

東稜コースのシャクナゲは数える位で 本当に少なかった。
イワカガミは蟹の横這い辺りには たくさん咲いていました。

西冠のお花畑には ユキワリソウ、キバナノコマノツメ、イワカガミが
これも数は少なかったけど 咲いていた。

山行タイム   歩行時間
松山 5:30 → スカイライン入口 7:00 → 土小屋 7:30~7:50 →
東稜分岐 8:45 → 南尖峰 10:30 → 天狗岳 10:45~10:55 → 
弥山 11:10 → 西冠花畑 11:55~12:25 → 途中 昼食(15分)→
二ノ森 13:40~13:50 → 石鎚山・面河・二ノ森分岐 15:40 →
土小屋 1755 土小屋(泊)

7:30 土小屋より石鎚山を望む
s5P5220101.jpg

鶴の子ルンゼに残雪が・・・
s5P5220109.jpg

8:45 東稜分岐
s5P5220123.jpg

東稜コースに咲く数少ないシャクナゲの花
s5P5220125.jpg

東稜の笹滝・・・急な斜面なので 笹を掴みながら登っていきます。
s5P5220139.jpg

9:50 シャクナゲのトンネルを登りきると南尖峰がデ~ンと聳えていて 感激~~!
ここにはシャクナゲが待っていてくれるはずですが今年は数輪待っていてくれました~
何だか足の股下から撮っているようなおかしいフレームです。
中に映るは南尖峰です。
s5P5220148.jpg

南尖峰 デ~~ンとしてますね~。秋には紅葉が綺麗なスポットですよ~。
s5P5220150.jpg

蟹の横ばい辺りからイワカガミがたくさん咲いていました。 このあと 10:30 南尖峰着
s5P5220175.jpg

10:45~10:55 天狗岳で県外登山者の方たちと山談義~~話好きの私はいつも~~
こんな感じかな~!男性とは限らず女性とも話をよくします。山ガールとは特に・・・。
若くて可愛いですものね。
s5P5220193.jpg

11:10 ~11:20 弥山
s5P5220199.jpg

石鎚神社頂上社 11時20分出発 二ノ森を目指す
s5P5220201.jpg

11:55 ~12:25  西ノ冠岳下のお花畑 これは 淡いピンクでかわいい
ユキワリソウです。まだ 蕾が多く咲き始めたところですよ~~。
s5P5220236.jpg

イワカガミがかたまって咲いていましたが 写真はイマイチ~~。
s5P5220246.jpg

キバナノコマノツメです。ニノ森方面の登山道にもたくさん咲いていました。
心ない登山者に踏まれるでしょうね~。可愛そう~。
s5P5220257.jpg

1ケ所 ピンクのコミヤマカタバミ、咲いているのもありましたが 小さなこの花が
綺麗で可愛かった。
s5P5220275.jpg

13:05 絶景ポイント 二ノ森手前より 石鎚山~西ノ冠岳ドームまで見えます。
s5P5220285.jpg

14:40~14:50 二ノ森山頂 1929.2m  真ん前に石鎚山南壁が見えます。
s5P5220299.jpg

15:05 太陽も西に傾き 石鎚山が輝いて見えます。
こんな時間に石鎚山を見るのも珍しいことです。
今夜は土小屋泊まりですから ゆっくりです。
s5P5220332.jpg

シコクシラベの林の中にコミヤマカタバミの群落がいっぱいありました。
真っ白で清純な感じで素敵でした。

s5P5220356.jpg

16:00 石鎚山北壁 西日がカンテに当たっていました。
s5P5220370.jpg

大きな落石 ルンゼは危険地帯ですから足早に歩きましょう。
s5P5220393.jpg

お花畑は ヤマシャクヤクが咲き誇っていました。
何と清楚で可憐な姿でしょう。残念ながら近くでは見えません。
s5P5220407.jpg

17:00 明日登る筒上山 左に伸びている尾根は手箱山です。
s5P5220413.jpg






2015_05
21
(Thu)20:15

クライミング定期練習会 5月26日

アズ壁で<クライミング定期練習会>をいたします。

日時 :      平成27年5月26日 (火曜日)  午前10:00より

練習内容 :   リードクライミングの登りこみ ・ ロープワーク ・ マルチピッチ ・ 懸垂下降 ・アブミの登り込み

当日の参加 : 石居 ・ 鈴木 ・ 中本 ・ 高津  どなたでもお気軽に参加してください。
2015_05
13
(Wed)19:38

クライミング定期練習会 5月13日

5月13日(水曜日)・・・定期練習会をする。
参加者はいつもの石居・鈴木・中本の3名。

まず始めに中本さんが10bをマスタートライでRP、鈴木さんはトップロープで怪しいRP・・・再度トライで完全RP、次はマスターでトライしてください。

10Dを中本さんがマスタートライするが5ピンめでテンション・・・次回は一つでも上を目指しましょう。

毎回、垂壁でマルチピッチをして懸垂下降で降りる・・・・今回も中本さんがトップを勤め1ピッチ目から鈴木さんがトップを勤めた。
今日は、支点構築で3点流動分散の固定をして、懸垂下降はカン付カラビナでバックアップをとって降りる。
マルチピッチの課題はスピードです、より安全にスピードアップを心がけましょう。
 <終了地点で懸垂下降の準備をするお2人>
3K6A0022.jpg


 <懸垂下降が少し慣れてきた中本さん>
3K6A0027.jpg

最後はコーヒータイムで解散でした。  記事投稿は石居

2015_05
12
(Tue)17:14

笹ケ峰 1859m ~沓掛山 1691m ~黒森山 1678.4m

5月10日(日)晴れ      参加者 女性1名

8日に西赤石山に行った時 兜岩から見たちち山から
沓掛山・黒森山の長い稜線、いつも見ていた景色だっ
たけど登りたい症候群にかられ行くことにした。

10日は母の日、毎年 家にいたことはない私。
山がよっぽど好きらしいです。(笑)
登山口には私のを含めて 車が5台駐車してありました。

沓掛山までは行ったことがありますが 黒森山は未踏の
山。会員のNさんが 9日は丸山荘でボラティアをしてい
るので丸山荘~笹ケ峰経由で登ることにした。
未踏の山歩きは 見知らぬ登山道の山歩きになります。
ワクワク、ルンルン気分で下津池登山口をあとにした。

山行タイム     歩行時間 7時間20分+休憩70分
松山 6:00 → 下津池登山口 8:10~8:15 → 宿 
9:05~9:15 → 丸山荘 9:45~10:00 →笹ケ峰 
10:50 →丸山荘 11:40 ~11:55 → 西山越 12:10
→沓掛山 13:00 ~ 13:15 → 黒森山 14:00 ~
14:10 → 沓掛山 15:15 → 西山越 15:50 →
下津池登山口 16:50

吉居林道に熊注意の表示がありました。今日は単独で
すが熊鈴は持ってきてない~。大丈夫か~~!
s5P5109611.jpg


8:10~8:15 笹ケ峰登山口 新緑が綺麗でコンロンソウがたくさん咲いていました。 s5P5109614.jpg

9:05~9:15 
宿  ここでNさんと出会う。丸山荘でお会いできるかと
思ってましたが 早く下山されてました。

s5P5109639.jpg

かつてここは、住友別子銅山に供給する木炭を貯蔵して
いた場所で 一時は200名ほどが就業していたそうです。
どうりで登山道に炭が いっぱいあったところがありました。 s5P5109642.jpg


宿でテンナンショウを見つけました。テンナンショウの種類は
たくさんありますが これは葉が3枚なのでミツバテンナンショウですね。
s5P5109643.jpg


立派な橋がありました。安全に渡れますね。 s5P5109644.jpg


9:45~10:00
ソーラーパネルが設置してあり電気が使えます。1933年
に 建てられたレトロな木造の建物で 200人位は宿泊で
きるそうです。
そして 丸山荘にはお風呂があります。四国の山小屋では
とても珍しいのではと思います。

s5P5109726.jpg


丸山荘の管理人さん 人のよさそうなお話し好きの方たちでした。
ちょうど帰る準備をされていて 庭先に運搬車に荷物が積みこんでありました。
15分ほどお話をして 気持ちだけのお土産を渡して 笹ケ峰を目指しました。

s5P5109664.jpg


荷物の運搬車です。丸山荘~西山越を通り先の沓掛林道へ下りて行くようです。 s5P5109661.jpg


丸山荘の前に咲いているアケボノツツジですが もうすでに散っていました。
おばさんが5月1日に撮った満開に咲いたアケボノツツじの写真を見せて くれました。
今年は10日ほど早かったとか・・・。
s5P5109659.jpg


10:15
木々の隙間から沓掛山が見えてきました。ちょっと
ガスが出てきて 沓掛山の半分が隠れてしまいました。
s5P5109672.jpg


10:55 ~11:00
笹ケ峰山頂 大笹原をヒーフゥーハーフゥー 丸山荘から
55分も かかっちゃいました。気分爽快~ヤッホォ~ 素晴らしい展望で~す。
笹ケ峰の上空にも雲がかかってます。
山頂には 笹ケ峰の南尾根から来た3名さん、大永山トンネルから来た
単独行の方、若いごカップルなど山頂からの展望を楽しまれてました。
沓掛山にはガスが乗っています。今から行くから待てってね~~
でも~遠いな~~。大丈夫か~~!
s5P5109695.jpg

山頂にイシヅチザクラ木がありました~~蕾がいっぱいついてますね。
見たかったな~~。
s5P5109700.jpg

11:40~11:55 
丸山荘に到着。運搬車はもう出発してました。無事に下りれたかしら~?
使用料100円を木箱に入れてトイレを拝借しました。
蛇口の付いた水場もあって快適で~す。アケボノツツジの近くで昼食を
いただきます。今日は ファミマで白菜とキュウリの漬物を買ってきました。
これが一番おいしかったですね。次回も買ってこようっと・・・。

s5P5109723.jpg

丸山荘から西山越方面に少し行くとブナの巨木に出会えます。
この巨木で樹齢数百年かな~?
s5P5109735.jpg


12:10  西山越  笹ケ峰と沓掛山の分岐 s5P5109740.jpg

沓掛山の笹の急斜面から声が聞こえてきました。今日は私だけかと
思ってましたが 高知のご夫婦が登っていらっしゃいました。嬉しいな~~

ボケボケの写真です~~ごめんあそばせ~。
s5P5109753.jpg


霞んでいますが 西方面に石鎚山~瓶ケ森~西黒森山の山並みが
見えています。これより少し標高を上げると瓶ケ森の上に筒上山、手箱山が
見えてきます。
s5P5109760.jpg

13:00~13:15  山頂で 山のお話をして 急いで黒森山を目指しました。
s5P5109781.jpg


1691mから1600mの鞍部まで急降下します。大きなロープも2ヶ所つけてあります。
笹を掴みながら10分ほど下りて行きます。西赤石山から兜岩よりはましかしらね~。
s5P5109787.jpg


ミヤマカタバミ
s5P5109792.jpg


オオカメノキの花(別名 ムシカリ)
s5P5109794.jpg


こんな1600mラインにマイズルソウがあるなんて~驚きました~
あ~でも 石鎚の弥山にもありましたね~。
s5P5109796.jpg


ツクバネソウですが 花の柄がたれています。これからピンと立って
花が咲きます。
s5P5109802.jpg


この稜線にアケボノツツジはかなりありましたが なかなか上手くは
撮れません。遠くには立派なお花がついているのがあるんですが
登山道沿いにはあまりなかったですね。
s5P5109800.jpg

14:00~14:10
今日 3座目をゲット~~おめでとう~~!やったね~
沓掛山から45分、アップダウンを3~4回繰り返し まだかまだかと
つぶやきながら やっと 黒森山の山頂に着きました。
今回のメインは黒森山でした。これで私の念願だった黒森山をゲットしました。
初めて歩く登山道、ここは厳しいところはありませんでしたが 一つ間違えば
谷底へ落ちるところもありました。単独行でしたから 充分気を付けて歩きました。
s5P5109810.jpg

黒森山から見た沓掛山 奥に笹ケ峰が少しみえている。
s5P5109816.jpg

15:15  沓掛山山頂

沓掛山の斜面を下りて西山越までのモミノキの林で根っこが鹿害に
あっており何本も食べられて痛々しい木肌を出していました。
鳴き声もキ~ンキ~ンと何回も聞きました。そして笹原も枯れかかって
おり元気がない状態でした。
s5P5109745.jpg

アップするとこんな感じです。ぐるりっと皮を剥がれると木は枯れてしまいます。
s5P5109746.jpg


15:50 西山越

16:50 下津池登山口  
s5P5109878.jpg

下津池登山口に下りたら高知のご夫婦がコーヒーを飲まれて休んでおられ
ねぎらいの言葉をかけてくれました。私より年配のご夫婦で優しい人たちでした。
いつまでも元気で山登りをしましょうと声をかけお別れしました。

このあと 私は 車の後ろにあったたくさんのティッシュペーパーを 拾いました。
今回は黒森山山頂にもティッシュが3ケ所ありそれも拾ってきました。
同じ山を愛するご婦人方 もう少し考えて自分のゴミぐらいは持ち帰るように
してほしいな~と思いました。

今日は充実した1日となりました。一昨日の疲れがややのこっているかな~?
次はどこのお山に行こうかな~~。思うことは山のことばかり(笑)

                           by katakkuri
2015_05
11
(Mon)09:49

クライミング定期練習会

開催日時 : 平成27年5月13日  午後1時より

場所 :: アズ壁

参加名 : 石居 ・ 鈴木 ・中本

・・・・・・・・ 参加したい方はご自由に・・・・・・・・
2015_05
10
(Sun)00:05

西赤石山 アケボノツツジ観賞

5月8日(金)晴れ     参加者 男性2名・女性1名
今の時期はアケボノツツジで賑わっている山・・西赤石山へ行くっきゃないと思い ボランティア仲間を
誘っての山歩きになった。土日は県外からバスがやってきますから 平日に行くことにしました。
8時前に日浦の駐車場は 満車になっておりました。平日でも多いですね。

山行タイム
松山 6:00 → 日浦登山口 8:00 → 銅山越 9:25 → 西赤石山 10:45 → 兜岩(昼食・休憩) 11:00~12:00 →
西赤石山 12:17 → 銅山越 13:25 → 西山 13:50 ~14:00 → 銅山越 14:20 → 歓喜坑 14:40 → 日浦登山口 15:43
新緑が美しい~さぁ~いざ出発
s4P5089789.jpg

いつも変わらずに美味しいお水が流れています。
s4P5089792.jpg

銅山越は山の中の交差点のようです。 日浦から登ってきた人、東平から登ってきた人、
西赤石山・東赤石山に行く人、綱繰山・笹ヶ峰に行く人たちみんな銅山越を通っていきます。
昔は大変賑わっていたことでしょう。ここには「峰の地蔵さん」と呼ばれて、峠で行き倒れた
旅人達が祀られています。
s4P5089807.jpg

やっと アケボノツツジがお目見えです。隣には純白のオオカメノキの花がピンクとホワィトで
コラボしています。
s4P5089847.jpg

近くでズームイン、何とも可愛いピンク色です。
s4P5089833.jpg

オオカメノキの花 紫陽花のような白いお花です。
s4P5089970.jpg

兜岩が見えてきました。バックには新居浜の町が見えています。アケボノツツジの時期の
土日は、岩山なのにたくさんの登山者のウェアーでカラフルな色に染まります。
s4P5089849.jpg

やっとこさ~西赤石山山頂到着です。メチャクチャ天気が良くて青空に私、
嬉しそうでしょう!ご夫婦がお昼を食べてましたが、むちゃくちゃ虫が多い。
我々は 兜岩へ標高差100mほど急降下します。
s4P5089855.jpg

ロープやアルミの梯子も2本ありました。
s4P5089862.jpg

急降下中に青空にアケボノツツジが映えて 素敵です。
s4P5089870.jpg


兜岩到着です。5~6名の方がいらしゃいました。今日は平日で少ない~~良かった~~。
s4P5089876.jpg

岩峰に3人の男性・・1名はよその方ですが 縁があったのか一緒に写っちゃいました。
s4P5089892.jpg

青空だったのに~~一気にガスが押し寄せてきました。でも すぐ どこかに
消えて行きました。良かった~~。
s4P5089907.jpg

奥の稜線はちち山から沓掛山と黒森山です。稜線の鞍部に石鎚山や瓶ケ森が
小さく見えています。明日、5月10日笹ケ峰~沓掛山~黒森山に行ってきます。
s4P5089886.jpg

5月10日(日) 晴天の登山日和の日、笹ケ峰~沓掛山~黒森山を歩いてきました。
ブログは後ほどアップしま~す。では 西赤石山のをアップします。

下山時に見つけておいたイシヅチザクラをパチリ~~。今年は 西赤石山の
イシヅチザクラは散っているのが多かった。
s4P5089919.jpg

すぐ横にシロミジの花が咲いていました。黄色の小さな花ですが
よく見ると可愛いお花です。
s4P5089921.jpg

ミツバツツジ・・・今年は終わっているものが多かったけど
これは綺麗な色が出てました。
s4P5089922.jpg

ミヤマカタバミ・・真っ白で楚々として可愛いお花ですが
日照不足で 元気がないですね。
s4P5089924.jpg

センボンヤリ・・アケボノツツジの時期には
銅山峰から東山辺りまでの間に見かけられます。
s4P5089935.jpg

西山から新居浜高専の生徒さんが200名ほど登山されてました。
「こんにちは~」とみんな元気な挨拶をしてくれました。パチパチ~
s4P5089938.jpg

アカモノ・・八分咲きです。可愛い蕾でしょう!
s4P5089964.jpg

アカモノ1輪ゲット。今日はアカモノはこの1輪だけでした。
アカモノはツガザクラの少しあとに咲きます。
s4P5089967.jpg

大きな岩に垂れ下がって咲いているツガザクラ・・・昨年も同じ日に
来ましたが昨年は開花ゼロでした。今年は ラッキーでした。
s4P5089943.jpg


西山山頂標識・・西山までアカモノとツガザクラを探しながら
登りましたが アカモノはゼロ、ツガザクラはたくさん咲いてましたよ~。
s4P5089951.jpg

西山を少し下ったところからの沓掛山、今年はアケボノツツジの
ピンク色がない。山の左半分、カラマツの新緑が新鮮で綺麗でした。
s4P5089953.jpg

西山の途中から西赤石山全貌・・今年は山肌にピンク色はない。
s4P5089958.jpg

西赤石山ズームアップ
s4P5089961.jpg

銅山越に戻り 歓軌坑により下山しました。歓軌坑は斜面が崩れていて工事中でした。
自然の破壊力を止めることはできません。大切な歴史的遺産を保存してくださっている住友金属様に感謝です。

今日は歩行時間8時間弱、最高の天気で優しいアケボノツツジのピンク色に出会いました。
裏年とはいえ 可愛いピンック色のこの花、我々登山者を楽しませてくれました。
心の中で「アケボノちゃん~~ありがとう。秋にくるね~」と言って登山口をあとにしました。

運転をしてくださったNさん、同行してくださったTさん ありがとうございました。
又、一緒に山に行きましょうね。
                                    by katakkuri


2015_05
04
(Mon)07:06

クライミング定期練習会





開催日時 : 平成27年5月7日 (木曜日) 午後1時から

場所 : アズ壁

内容 : ロープワーク・リード登攀・マルチピッチ

参加者名 : 石居 ・ 鈴木 ・ 中本

マルチピッチの練習 今日で3回目です。毎回練習することで学習していきます。
s4P5079778.jpgs4P5079779.jpg

マルチピッチ2ピッチ目を終了してから 懸垂下降のシステムに変えて 環付カラビナを使ってムンターで下降して行きます。
s4P5079782.jpgs4P5079783.jpg

懸垂下降の練習をしています。
s4P5079784.jpgs4P5079786.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。