2015_07
26
(Sun)12:53

権現超~東赤石


 <今日のお花たち>
A15A0882.jpg

A15A0890.jpg

A15A0898.jpg

A15A0895.jpg

A15A0902.jpg


山の会のOさんと2人で東赤石方面へと出かける。
予定の山行は床鍋登山口から権現超に上がりお花畑を楽しんで東赤石山頂へ稜線沿いに上がり八巻山山頂を経由して氷室超~赤石山荘に立ち寄り壱〇〇〇瀬場登山口へと計画を立てていたが・・・・
床鍋登山口にある民家は数年前から空き家になっている、何年か前には老夫婦が民家の周りの畑で作業をしていて声を掛けた事があったが、今では雑草に民家は埋もれかかっていた。
 <床鍋登山口>
P1080001.jpg

床鍋登山口からは快調に歩けた、1時間歩いて沢で休憩してからが問題だった。
 <休憩した沢は水が多かった>
P1080002.jpg

私はここ3週間まったく歩いていない・・・・3ヶ月のブランクがじわじわでてきたみたい、足の裏側が少し張ってきて長い距離を歩けなくなってきた。
神経が足にとられて権現超の分岐を見逃して四国電力の巡視路を進んで、おかしいなと思いながら進むと鉄塔に行き当たった。
戻り返すのも面倒なので巡視路をそのまま権現山の僚船に向けて登るが、先ほどからの足の状態は10m進んで一息入れるようになってきた。
 <権現山から少し権現越に降りた巡視路分岐>
P1080005.jpg

稜線に這い上がる頃には強い風が吹いていたが、息が上がって体温上昇には心地よい風です、雑草で荒れた稜線の道を権現超に向けて下山する。
権現越にはお花畑が広がっていると思ったが、時期が早いのか遅いのかちらほら程度しか稜線のは無かった。
マクロ撮影でマクロレンズをつけるが風が強くて撮り難い、比較的に風の影響が無いものを撮っては見た。
写真を撮り終わった後権現越から下山も考えたが、会いたかったお花が無いので赤石山荘へ向けてトラバース道に入る。
 <赤石山直下のトラバース道の分岐>
P1080007.jpg

トラバース道に入るとありました<オトメシャジン>・・・ですがピークは過ぎているようです、お花の花びらに勢いが無い。
マクロ撮影を試みるが三脚が無ければ思うように撮れない!!1週間早めにくればよかっただろう。
トラバース道は山荘のご主人でしょうか、草刈をしていました、今日にお花は避けて刈っていましたので慣れていたのでしょう。
瀬場に下山する分岐で休んでいるとお二人の男性が上がってくる。
少し雑談をして私たちは2人とも足に不安があるので下山する。
 <トラバース道と瀬場分岐>
P1080009.jpg

下山はいつものようにクリーンハイク、今日はタオルに沢山のゴミを回収する、ゴミの最終処理をしていただいたOさんありがとうございました。
 <瀬場登山口に到着>
P1080011.jpg

 <2人で下山時にゴミ回収>
P1080012.jpg

 <鹿の食害、所々にあった>
P1080004.jpg
スポンサーサイト
2015_07
16
(Thu)12:40

クライミング定期練習会 7月21日(火曜日)

クライミング練習会をアズ壁でしますので参加してください。

場所 : アズ壁 (人口壁)
時間 : 午後1時より
内容 : リードでの持久系練習 ・ 懸垂下降及び支点構築 ・ 登り返し(ロープ)
参加人員 : 
2015_07
09
(Thu)09:03


7月8日(水)曇り晴れ 参加者3名

6月20日に高縄山に行った時 草が伸びていたから草刈りに行ってきました。
一人で行こうと思っていましたが 草刈り機を使いますので 危険と
いうことで Yサークルのメンバー2人も参加して 3人で行ってきました。

朝から行く予定でしたが天気予報に寄れば雷注意報が出ているということで
一度はキャンセルして 3人でランチを食べに行くことにしました。
1時間ほどランチタイムを楽しんで 駐車場に戻ると太陽が出ていました。
急遽 草刈りに行くことにし、着替えに帰り林道へと急ぎました。

横谷林道を入って間もなく 林道に大岩が7~8個崩れ落ちていて通れません。
ここで3人が四苦八苦、押したり引いたりと転がそうとしますが
一番大きい大岩が動きません。

仕方ないので トラロープが車にあったので クローブヒッチをかけて
引きずりますがうまくいきません。
でも 7~8m引きずり移動させて どうにか林道をジグザグ走り抜けることが
できました。
力のない平均年齢68才の昔乙女たちは汗ダクダクで頑張りましたよ。(笑)

横谷林道と登山道の合流点に着くと7~8mほどある巨木がポッキリ折れて 
林道を塞いでいました。
早速除去。今回はノコギリも持ってきてないので 人力で力任せに折り 
どうにか林道わきに片づけることができ安堵。

さぁ~桜の木のところに草刈り機を担いで下りて行きます。
10分ほどで桜の木に到着。3人でブ~ンブ~ンとエンジン音高く、
刈りはじめます。
「女3人寄れば姦しい」と昔のことわざにありますが 「女3人寄れば草刈りも
あっという間」に終わってしまいました。

この場所の桜の木が年々大きくなって枝を伸ばし 夏にはいい日陰を作って
くれます。会の男性が作ってくれた丸太のベンチもあります。
山頂までに数か所のベンチがあり 気持ち良く休憩ができますよ。

8月に入るとオオキツネノカミソリが大群落で咲き始めます。
斜面はオレンジ入りに染まり綺麗ですよ。是非 見に来てくださいね。

やっと 終了して帰路に着きますが 今度は行きしにはなかったのに巨木が
林道を塞いでいます。又 3人の人力で片づけました。
梅雨時には 斜面が崩れたり、巨岩が落ちたり、巨木が折れたりと
登山道も被害を受け危険がいっぱいです。

登山をする皆様 充分 気を付けて歩きましょうね。

                   by katakkuri

いきなりこんな試練が・・・女性の力では動きません。テコになる木を探しますが
ありません。クローブヒッチをかけて移動させましたが ロープはスルリと抜けました。
s6P7081964.jpg

岩の前の泥をのけています
s6P7081965.jpg

雨後に地盤が緩み 木も腐っていて折れたようです
s6P7081967.jpg

林道横に片づけました
s6P7081975.jpg

エンジン音も高く 快調に草刈りが進みます。
s6P7081969.jpg

草刈り後は スッキリ綺麗になりました。次回は ここから上をします。
s6P7081971.jpg

今日は 大岩のところで時間がかかり 少々 疲れましたが 草刈り後は スッキリです
s6P7081973.jpg

行きしも災難、帰りも災難です。でも 人力で折れました。
作業に入る時は ノコギリ、スコップも持参しないとね。反省~~です。
s6P7081977.jpg
2015_07
04
(Sat)20:17

シラサ山荘~寺川登山道(子持ち権現東尾根分岐)~子持ち権現直下

面河登山口~石鎚山頂を往復の予定でしたが、天気の悪化で子持ち権現東尾根のクリーンハイクに変更する。
ルートはシラサ山荘横に車をデポして寺川登山口の手前にワサビ田があるが、沢を越して約100m進んだところから左に折れて造成林を登る。
このルートは冬場に寺川登山口から瓶ケ森に直登するルートです。
寺川登山口からシラサ非難小屋を経由して瓶カケ森林道を歩くより大幅に時間の短縮ができる為日帰りが可能になりました。
3年前にルートに印をつけてましたが経年劣化の為印の回収及び新しいものに付け替えしました。
途中、鹿の食害で笹が悲惨な状態になっていた・・・・・近くで鹿の鳴き声が聞こえて・・・・・。
被害程度は些細なものですが徳島の例がありますから今のうちに対策が必要ですが、具体的な対策案は模索中のようです。
 <クリーンハイクルート>
img006.jpg

 <シラサ山荘  今日は営業していました>
11.jpg

 <しらさ山荘直下の登山道>
21.jpg

 <鹿の食害>
31.jpg

 <赤テープの交換>
41.jpg

 <雨模様のブナ林>
51.jpg

 <ガスが晴れた石鎚連峰・・・お山開きの石鎚は信者さんが大勢登っていた>
61.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。