2015_08
29
(Sat)23:03

クライミング練習会 9月1日

クライミング練習会をいたします。

日時 : 9月1日 午後1時より

場所 : アズ壁  (雨天の場合はアッセントレイ)

参加人員 : 4名 (会員外1名)

雨天でしたのでアッセントレイで登りました、私はビレーのみ。

女性3名は10cの足自由をしましたが、Nさんがテンテン、Tさんがテンテンで後一歩、Sさんがまだまだ・・・・。

リードでの登りは慣れてきましたが、足のバランスができていないので登り込みが必要です。
スポンサーサイト
2015_08
25
(Tue)10:23

クライミング練習会 8月27日

クライミング練習会をいたします。

日時 : 8月27日 午後1時より

場所 : アズ壁  (雨天の場合はアッセントレイ)

参加人員 : 3名

8月27日は、良いお天気でした。
マルチピッチの連取を重点的にしました。
 1、ダブルフ一シャーマンノットのロープ接続で懸垂下降
 1、アブミの使い方とアブミによるリードクライミング
参加はSさん、NさんとI氏の3名
2015_08
22
(Sat)08:08

笹蔵湿原 8月22日

今年3回目の笹蔵湿原です。
金山登山口からのルートは判り難いとのことで色々なテープがあちこちに付いていて見るに耐えなかったのですが、笹蔵湿原までのルートに新しく赤テープを付け替えました。
踏み後はありますから辿れば迷うことはありませんが、良く見ていただければ判るようにしています。
新しくテープを設置する方は、古いものを回収すれば良いのですが殆どの方がやりっ放し、其の残置テープがあちこちに散乱してゴミとなっていました。
今回テープの付け替えをする序でに登山道のゴミもすべて撤去しましたのですっきしました。
 <残置テープの残骸>
A15A1174.jpg
 <ウマスギゴケの湿原・・・・神の庭と言われているのに(ほうたらかし)にしている為に湿原が小さくなっている>
A15A1171.jpg

A15A1133.jpg

A15A1158.jpg

2015_08
17
(Mon)11:44

クライミング定期練習会 

日時 : 8月9日19日(水曜日) 午後1時より

場所 : アズ壁

参加人数 : 3名

雨のためアッセントレイに集合して、練習しました。
アッセントレイのフリーの壁は新しくホールドの付け替えをしています。
2015081916340000.jpg
Sさん、Nさんとお二人は10aのルートをリードでフラッシュです・・・・
ビレーの練習もしましたが、止めるのに必死で流すことが難しいようだ。
2015_08
15
(Sat)11:49

石鎚山・・・孫との夏の思い出

2015年8月5日(晴れ)     参加者 女性1名・小学生男児1名、女児1名 

ただいま夏休み真っ盛り、今年は 孫たちを石鎚山へ案内しようと思ってましたが
 それぞれに部活があって日程が合わず 今回は2名のみ連れて行くことになりました。

早速 石鎚神社へ参拝、今日の無事登山を祈りました。
           s5P8052087.jpg

さあ~今からいざ出発だ~
s5P8052090.jpg

石鎚国定公園 石鎚山の大看板で記念撮影で~す
s5P8052091.jpg

階段上の登山道を頑張って登っていきます
s5P8052100.jpg

お花畑付近にはアサギマダラがたくさん乱舞しています。
私もこんなにたくさんのアサギマダラに出会ったのは初めてです。
s5P8052118.jpg

アサギマダラはヒヨドリバナの蜜が大好きなので この花にとまっています。
s5P8052125.jpg


s5P8052132.jpg

黒い蝶が登山者の腕にとまりました。ちょっとトリミングしてみました。
P8052157.jpg

これはイケマの花で アサギマダラの好きな花です。
s5P8052268イケマ


ルンゼ付近は色とりどりのお花が咲き乱れて蝶の楽園になっています。
s5P8052166.jpg

二の鎖下のトイレと休憩所小屋に到着。トイレ使用で協力金100円支払った孫。
s5P8052175.jpg

これから二ノ鎖を登っていきます。二人ともスリングでチェストハーネスと
環つきカナビナをつけてロープとスリングで確保して安全に登ります。
s5P8052183.jpg

こんな高いところまで登っちゃいましたよ。下の小屋も小さく見えます。
でも 怖くな~いぞぅ~。ロープとスリングで命は護られています。
s5P8052185.jpg

石鎚山最高峰の天狗岳が見えてます。ガスがどんどん湧き上がってきています。
s5P8052195.jpg

二の鎖をクリアーしたら次は三ノ鎖だ。その前にちょっと腹ごしらえをして
休憩です。こちらの方が斜面が急ですから孫たちは 見てビビッていたかも。
s5P8052197.jpg

さあ~登るぞぅ~。2人共怖がらずにドンドン登ってきます。
そのうちガスがど~っと湧いてきて真っ白になりました。
これが山の自然な姿です。孫もちょっとビックリしてました。
s5P8052208.jpg

バンザ~イ、バンザ~イ登ったぞぅ~。ババは2人を無事登らせて一安心です。
s5P8052218.jpg

弥山に着いて記念撮影です。少し休憩して天狗岳を目指します。
s5P8052244.jpg

天狗岳に着いた頃には ガスがいいころあいに出ていました。
神秘的でしょう。天狗岳で記念撮影をします。
s5P8052220.jpg

よく見ているとホシガラスがコメツツジの木に止まって
います。どうやら登山者のこぼした食糧を餌にしているようです。
人をあまり怖がらずに餌を啄んでいました。
s5P8052232.jpg

カンテのところで孫たちを腹這いになって 北壁を覗かせました。
危険ではありますが何でも安全に経験させます。登山者の人が
上から写真を撮ってくれました。いい写真になりました。
s5P8052241.jpg

ミソガワソウ
s5P8052249.jpg

ミヤマノダケ(えんじ色の花)とシモツケソウ
s5P8052251.jpg

ミヤマトウヒレン
s5P8052252.jpg

タマガワホトトギス
s5P8052254.jpg

テンニンソウ
s5P8052259.jpg

ダイモンジソウ
s5P8052256.jpg

コオニユリ・・・鮮やかなオレンジ色でひときわ目立ちます
s5P8052274.jpg

シラヒゲソウ・・・花びらの周りに細い髭のようなものがついています
s5P8052207.jpg
  
弥山をあとに下山し、お花畑でアサギマダラに又 出会って 嬉しい1日になりました。
みんな怪我もしないで 元気で土小屋に着きました。
帰りに久万高原町のコンビニで ソフトクリームを食べて、子供たちは2人とも
グッスリ眠ってました。朝が早かったから眠かったのでしょうね~。

                               by katakkuri

              
2015_08
15
(Sat)06:31

笹蔵湿原 8月14日 

先月につずいて笹蔵湿原に入っていきました。
前回は休み休みで登りましたが、今回は水場までは休まないで歩こう・・・たかが1時間ちょっとなので。
会の仲間Sさんが同行してくれましたが、Sさんを追いかけるのが必死でしたがなんとか休憩なしで水場まで到着です。
水場で顔を洗っていましたが今回はデジロが纏わりついてきました。
今までいなかったアブがなぜ?・・・・じっとしていたら噛まれますのでその場を離れますがアブは湿原にもいました。
湿原は水は殆どありませんでしたがウマスギゴケは前回と変わりありません。
写真的にはある程度水が堪っていたほうが良いのですが、今回の雨では堪ってはいなかった。
写真は適当に撮って昼食を済ませて下山に取り掛かる。
下山は前回途中までテープの付け替えと古いテープの回収に登山道のクリーンハイクをしながら下山した。
 <ウマスギゴケの湿原>
P1080021.jpg

P1080032.jpg

 <クリーンハクの成果>
P1080038.jpg
2015_08
10
(Mon)20:47

クライミング定期練習会 8月13日

日時 : 8月13日(木曜日 午後1時集合

場所 : アズ壁 (豪雨の場合はアッセントレイに変更)

参加人員 : 3名

木曜日午後の天気は不安定だが、何とか登れた (涼しくて良かった)
 <左の垂壁はマルチピッチをするS嬢とN嬢 ・ 右のハンクはOさんとTさん>
3K6A0093.jpg

 <修了点で懸垂下降の準備をするS嬢とN嬢・ハンクは核心をクリアして登るTさん>
3K6A0100.jpg

お盆休みも会って今日の参加は5名でした。
2015_08
09
(Sun)22:42

面河道 8月9日

石鎚山系hお花真っ盛り・・・・そしてアサギマダラモ乱舞?
人の少ない西冠下の面河道はアサギマダラの別天地、ちょっとしんどいが面河道を登る。
渓泉亭駐車場に車を止めると例のアブが襲ってくるので車の中で用意して歩き出す。
腕の辺り痛いと思ったらアブが取り付いていた、面河道を100m位まで追ってきたがその後はアブに悩まされず快適に歩くが、私の足はず~と悲鳴をあげていた。愛太小屋に着いたのは標準タイムを少しオーバーしてのこと、当然其の先をどうするのか小屋の中で思案する。
元々、アサギマダラが目的なので愛大小屋から少し進めば目的は達成できる、愛大小屋から望遠レンズで弥山辺りを見ると登山客が一杯、無理して山頂行くこと無いようです。
愛大小屋に荷物を置いてカメラを抱えてお花畑に向かった。
少し進んだお花畑に沢山のアサギマダラがいたので望遠で撮るが近づくと逃げてしまう。
やはり100-400の望遠が良かったかな????APS-Cのカメラで最近使っていなかった70-200で良いかなと思いましたがやはり望遠がストレスを与えないので良いでしょう。
写真を撮り終わって愛大小屋に帰ると、女性二人がお泊りだとか・・・・少し話をして下山する。
 <渓泉亭から>
P1080013.jpg
 <面河山の稜線付近・・・登山道では雰囲気抜群のコース>
3K6A0200.jpg
 <石鎚山系>
3K6A0138.jpg
 <アサギマダラ>
3K6A0103.jpg

3K6A0194.jpg
 <右の羽が痛んでいるが無事海を渡れるだろうか>
3K6A0098.jpg

今日はクリーンハイクをと思いましたが、面河道には殆どゴミがありませんでした。

2015_08
02
(Sun)22:12

笹蔵湿原 8月4日

8月の3日(「土曜日)は高爆渓谷へ向かったが、大成の元部落直下で通行止めとなっていた。
諏訪神社から荒れた林道を進むが、現在の悪路は4厘駆動(ジープ系)でないと入れない。
写真友達のMさんのジープで進むが大成の部落に上がる進入路を過ぎてまもなくブルが狭い林道に鎮座していた。
西条市の道路かに確認するとまだしばらくは復旧にかかるとのことです。
やむなく引き返して瓶ケ森に向かうが駐車場で写真を撮り寺川を経由して西条へと車を走らせた。
 <瓶ケ森駐車場のナンゴククガイソウ>
2.jpg

2日の日曜日は笹蔵湿原に行ってきました。
湿原の水は殆ど無くコケが所々茶色に変色をしていましたので今後が心配です。
徳島から女性二人に私が下山途中7名が来ていましたが、雷が鳴り少しずつ近ずいてきましたので急ぎ足で下り、車に着く直前に豪雨となった。
週末は石鎚ヒルクライムの練習で自転車が沢山来ていましたが、どうなったんでしょう・・・・・余計な心配でしょうか。
 <湿原は水が引いていた・・・イ草が侵食してそのうち全滅の危機?>
6.jpg

 <テープの付け替えの残骸・・・・テープを新しくつける方は古いものを回収していただきたいと思うのだが>
8.jpg


2015_08
02
(Sun)21:54

クライミング練習 8月4日

クライミング練習会

日時 : 8月4日 午後1時より

場所 : アズ壁

参加人員 : 3名
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。