2016_05
26
(Thu)09:19

シロヤシオを求めて筒上山へ、ついでに瓶ケ森も・・

2016年5月20日(金) 晴れ      参加者 女性1名

ここのところ あちらこちらでお花の開花があり 忙しい。
今日は 筒上山のシロヤシオと瓶ケ森のミツバツツジの偵察に行ってきました。
筒上山では シロヤシオ、ヒカゲツツジ、ミツバツツジ、シャクナゲ、
アケボノツツジと一度に5つのツツジたちに出会えることができました。

これだけの花たちが一山で一度に見ることができるのは珍しいことだと
思います。

それと6月にあるクリーンハイクを兼ねて ゴミを拾いながらの山歩きです。

登山口 8:35 お花散策しながら 下山は 13:50 でした。


8:35 登山口
s6P5200726.jpg     


s6P5200882.jpg

9:20 丸滝小屋  高知のご夫婦と一緒になりました
s6P5200744.jpg

丸滝小屋から見る石鎚山 今日は快晴で石鎚の雄姿も綺麗に見えました
s6P5200746.jpg

手箱の美しい石垣 フキノトウの綿毛がいっぱい~~
s6P5200789.jpg

筒上山へ 白い鳥居の前で 無事に下山できるように手を合わす
s6P5200792.jpg

11:00 急な岩場・・鎖にロープがあり 手がかりはいっぱいあります
三点確保で登ります
s6P5200799.jpg

11:20 ~11:40 筒上山山頂  先客2名お昼御飯中でした
私もお昼にしました
s6P5200805.jpg

ここからは お花の紹介です

純白のシロヤシオ・・楚々として奥ゆかしい日本女性を思わせますね
s6P5200845.jpg

満開のシロヤシオ  お花がびっしりついていてお見事です
s6P5200833.jpg

もう 写真ではこの素晴らしさは お伝えできません
s6P5200852.jpg

途中で会った高知の女性に撮ってもらいました。私は うちわの人です(笑)
s6P5200855.jpg

シャクナゲ  今回は数が少なくこの木が花がついてたかな~
s6P5200748.jpg

ヒカゲツツジ  ちょうど見ごろで綺麗でした
s6P5200824.jpg

ミツバツツジ 今回 どの木も満開
s6P5200891.jpg

アケボノツツジ  よく残っていてくれました。
s6P5200808.jpg

ヤマシャクヤク まだ キレンゲショウマのお花畑には蕾もありました
s6P5200877.jpg

うっすらピンクのエンレイソウ
s6P5200819.jpg

オオカメノキ まだ 咲き始めだというのに虫食いだらけです。
s6P5200811.jpg

オオカメノキの葉 別名ムシカリといいます。すでに 虫に食われて空が
透けて見える位穴だらけです
s6P5200813.jpg

コヨウラクツツジ 
s6P5200812.jpg

今日 筒上山で拾ったゴミたちです。
s6P5241337.jpg



土小屋から車で移動して 瓶ケ森へ行きます。

14:45 しばらく お天気が崩れて来たので 登ろうか止めようか
迷っていましたが 男山まで行くことにしました。
霧が出てきて 曇ってきましたが 瓶ケ森のミツバツツジを偵察
登山口にあるトイレの前にはテーブルがたくさんあります。
s6P5200966.jpg


瓶ケ森の二千石原  ちょっと笹の色が悪いですが。
s6P5200914.jpg


15:30 男山山頂 高知県側はどんより曇っていますs6P5200923.jpg

男山のミツバツツジ  後ろに女山が見えます
今年のミツバツツジは どうもよくないようです。花芽が少ない
s6P5200927.jpg


オオカメノキ ここのは綺麗に咲いています
s6P5200932.jpg


マイヅルソウ あと少しで咲きます
s6P5200930.jpg

やっとやっと残っていたイシヅチサクラ ほとんど終わっていてガッカリ~~s6P5200920.jpg

谷間に目をやるとヤマシャクが咲いていました。ズームで撮ったので
いまいち
s6P5200953.jpg

もう どんどんガスがせまってきました。白骨樹もまだまだ頑張ってますね
s6P5200959.jpg


筒上山では シロヤシオに大感激しましたが 瓶ケ森ではあまり
収穫なし。どうにか雨も降らず 無事下山しました。

今日も楽しい1日でした。無事の下山に感謝です。

       by katakkuri
スポンサーサイト
2016_05
23
(Mon)19:19

楢原山 1041m ~ 西三方ケ森 1228m ~ 東三方ケ森 1233m

2016年5月23日(日) 晴れ     参加者 男性 3名・女性 2名

以前から 楢原山~東三方ケ森縦走がしたいと思っていました。
山ボラの仲間が誘ってくれましたので 続けて山に行ってますから
歩けるかどうか自信がなかったのですが またとない機会なので
案内していただいた。

8:30 楢原山登山口から登ります。
注連石をくぐれば奈良原神社の神域です。s6P5231336.jpg

気持ちのいい広い登山道を歩きます
s6P5231160.jpg

天然記念物 初代子持ち杉  残骸のようになっており その昔の雄姿はない
s6P5231166.jpg

すぐ近くに2代目の子持ち杉がありましたが 初代位になるまで何百年かかるかな~
s6P5231317.jpg

8;50 楢原山山頂  奈良原神社境内でお社があります
御影石の立派なテーブルとイスがります
s6P5231168.jpg

奈良原神社の大きな石碑
s6P5231171.jpg

経塚  平安末期の銅宝塔、経筒などが出土し、国宝に指定されたそうです
2匹の狛犬と小さいお社があります
s6P5231169.jpg

9:40 広い開放的な縦走路です
s6P5231181.jpg

10:35 この辺りは スズタケが鹿に食べられて枯れていました
s6P5231205.jpg

ここまで来るのにアップダウンの繰り返しが数回、 急登もあり苦しみました

11;25  西三方ケ森(通称)  デッキのようなものがありました
s6P5231229.jpg

西三方ケ森から1時間35分で東三方ケ森に到着です。
この間にもアップダウンの繰り返しが数回あり苦しみましたが
4時間35分かかって やっと到着です。他の4名は元気ですが
私は結構疲れました。1月末に膝を痛めて 初めてのロングコース、
歩けた喜びの方が大です。
東三方ケ森の手前 10分位のところに ガレ場あり危険です。
ズルズルボロボロ 岩が崩れてどうにもならないです。

13:05 東三方ケ森 2等三角点あります
ここでどこからか尺八の音色が聞こえてきました。
Nさんが演奏してくれました。初めて山で聞く尺八の音色に感激です。
s6P5231257.jpg

15:15 西三方ケ森で 今度はみんなの前で Nさんが尺八の演奏をしてくれました。
s6P5231277.jpg

ブナの森の中を颯爽とはいきませんが 心癒されながら歩きます
間隔が狭くて 林立しています。こんな森は気持ちがいいな~
s6P5231282.jpg

17:50 楢原山登山口に到着です。他の皆さんは 少し早くついています。
9時間20分(休憩時間含む) 足を引っ張る私がいましたから 
結構 時間がかかりました。
今回は 念願のコースを歩くことができて嬉しく思いました。
歩いているとシャクナゲのお花がいっぱい咲いていました。
長い縦走路、辛い時にお花が咲いているとどれだけ癒されたことでしょう。
シャクナゲさんにもありがとうです。
Nさん、Naさん、Yさんに感謝、感謝です。そして一番若い彼女Aさんも
ありがとう。

今日 出会ったお花たち
      
      コバイケイソウ               ツクバネソウ
     s25P5231156.jpgs25P5231179.jpg
     
      ハンカイソウの蕾              ハンカイソウミニ群落
     s25P5231176.jpgs25P5231174.jpg

      クロフネサイシン               タニギキョウ
     s25P5231207.jpgs25P5231211.jpg

     白のシャクナゲ 初めて見ました     シャクナゲ
     s25P5231269.jpgs25P5231271.jpg

              by katakkuri


2016_05
21
(Sat)08:00

2016年「四国ブロック交流ハイキングINみなみかわ・檀特山630.63m

2016年5月21日(土)~22日(日)
2016年四国ブロック交流ハイキングINみなみかわ

5月21日から22日にかけて、南川自然の家で開催され、交流ハイキングに
愛媛から5名の参加、自遊人からは 1名の参加でした。

21日は、午後から「雨滝自然科学館館長」の森繁氏から「さぬき市の自然史」の
講演と全国連盟理事の田上千俊氏から「安全なハイキング・登山のために」の
講演がありました。

その後、翌日のハイキングに備えての準備会があり、19時頃から懇親会がありました。   


さぬき市南川自然の家 (旧大川町立富田小学校南川分校跡)
s6P5221105.jpg

雨滝自然科学館館長の森 繁氏による「さぬきの自然史」の
講演がありました
s6P5211006.jpg

全国連盟理事 救急救命インストラクター 田上 千俊氏による
「安全なハイキング・登山のために」の講演がありました
s6P5211078.jpg

香川県連のメンバーが おご馳走を準備してくれました
s6P5211085.jpg

挨拶のあといよいよ宴会が始まります
s6P5211088.jpg

昔教室だったところが宿泊の部屋になっていました
s6P5211104.jpg

5月22日  朝食風景  お弁当にお味噌汁つきで豪華版の朝ご飯でした
s6P5221107.jpg

全国連盟の理事 田上千俊氏(左から2人目)と愛媛県連の仲間たち
s6P5221110.jpg

7:30 檀特山へ登る人たち27名、南川自然の家を出発する
s6P5221111.jpg

8:25 林道歩き 55分
s6P5221113.jpg

8:45 檀特山登山口
s6P5221116.jpg

9:25 山頂手前の急登にロープがありました。
s6P5221117.jpg

9:55~10:10 檀特山山頂  630.63m
s6P5221120.jpg

11:25 林道の日陰でお昼ご飯
s6P5221126.jpg

12:25 南川自然の家 到着
s6P5221137.jpg  

アオテンナンショウ
s6P5221124.jpg

オカタツナミソウ
s6P5221129オカタツナミソウ

高松市にあるわらくうどん店
s6P5221144.jpg

海老天ぷらうどん 美味しくいただきました。480円也  
s6P5221147.jpg

交流ハイキングは 晴天の中 27名元気よく登頂。下山の林道では花崗岩が
ざらざらしていて滑ってる人もいたり油断大敵の道でした。
久しぶりの団体登山でしたが 今日の檀特山は 我々27名のみでした。

1年に一度の交流ハイキング,他県の人たちにも会えて 交流ができ
楽しい登山になりました。

香川県連の皆様 準備等お世話になりました。感謝、感謝です。

                     by katakkuri
2016_05
08
(Sun)20:47

アケボノツツジ 5月8日

石鎚界隈ではアケボノツツジが満開になってきている。
今日は岩黒山から子持ち権現を見て回る・・・ピンクで堪能しました
 <岩黒山・石鎚連峰>
11.jpg
 <岩黒山・筒上山>
12.jpg
 <岩黒山・瓶ヶ森>
131.jpg
 <岩黒山・石鎚連峰>
14.jpg

 <子持ち権現・瓶ヶ森>
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

 <コガラ・トリミングしています>
33.jpg

 <帰り道・面河の渓泉亭>
44.jpg
2016_05
07
(Sat)01:04

アケボノツツジを求めて 西門山(1496.7m)~稲叢山(1560m)へ

2016年5月7日(土) 曇り晴れ   参加者 男性2名・女性4名

山友から稲叢山にアケボノツツジを見にいかないかと誘われて 急遽
準備して行ってきました。
稲叢山は 咲き具合はどれ位か気になったけども 全盛期ほどではないが
お花をたくさんつけて咲いていた。これだけ咲いていれば 観賞するには
充分である。

白のアケボノツツジは すでに終わっていたけど 少しだけ残っていた。

もう一つ気になったのが シロヤシオのお花である。
これは さすがまだ早く 6枚目の写真程度であった。10日もすれば
純白のお花を咲かせてくれるでしょう。

清々しい新緑とピンクのお花を愛でながら 心癒されました。
昔の山仲間との久しぶりの山歩き、楽しいお話もいっぱいでき充実した
1日になりました。
帰りに稲村ダムを見に行って 近くの岩のテーブルとイスのあるところで
ティータイムをして 帰路についた。

8:55 稲叢山トンネル登山口
s6P5074942.jpg

9:03 稲叢山・西門山分岐
s6P5074944.jpg

アケボノツツジのお出まし~~全盛期には及ばないけど たくさんのお花を見ることができた
s6P5074957.jpg


s6P5075040.jpg


s6P5075023.jpg

シロヤシオも少し咲き残っていた・・少しでも見ることができて良かった~
s6P5074949-1.jpg

岩にへばりついて咲く奥ゆかしいヒカゲツツジ
s6P5074964.jpg

9:50 大岩の間のガレ場・・気を付けて歩く
s6P5074967.jpg

私が通いはじめてから ずっとあるキリンのような形をした枯れ木
s6P5074972.jpg

10:20 西門山山頂
s6P5074981.jpg

シロヤシオが咲き始めていた
s6P5074983.jpg
      
                アケボノツツジの老木・・左側が少し枯れてきた
           s6P5074994.jpg

ミツバツツジ
s6P5075001.jpg

ツクバネソウ 1輪しか見つけれなかった
s6P5075002.jpg

色とりどりの新緑が美しい~
s6P5075011.jpg

             登山道には アケボノツツジの花びらの絨毯
            s6P5075013.jpg

12:15 アケボノツツジの木の下で 昼食
s6P5075018.jpg

12:45 稲叢山山頂
s6P5075024.jpg

祠があり、みんな山頂まで来れたことに感謝して合掌
s6P5075030.jpg

オオヤマレンゲの蕾・・6月半ばには 天女の花を見ることができる
s6P5075050.jpg

14:15 稲叢山トンネル登山口下山
s6P5075057.jpg

稲村ダム 水量が1mほど下がっていた
s6P5075062.jpg

                         by katakkuri
2016_05
06
(Fri)20:31

本匠クライミング 5月3日~6日

連休後半は九州は佐伯市の本匠でクライミング三昧です。
地震の影響かフェリーも車も少ない、おまけに本匠の宿泊所も私たちのみ・・・・岩場もガランとしていた。
初日は松山を2時半過ぎに出て三崎よりフェリー乗車、佐賀関から国道を南下して佐伯市に入る。
コンビニで買い物をして本匠の宿泊所に到着するが、管理人の箭内さんが私たちの到着を待っていてくれた。
初めての宿泊所なので施設の説明等詳しく教えていただいた。
この宿泊所で気をつけなければならないのは、お隣にご老人が住んでおられますので夜は静かに願いますとの事です。
  (窓のカーテンも照明が漏れないように気をつける・・・近所の方が気を使って箭内さんに連絡をする)
本匠クライニングサポートクラブ
荷物を宿泊所に下ろし岩場に向かう、空模様が怪しいので雨でも登れる前高エリアに・・・・
 <前高エリア>
DSC_0062.jpg

岩場に着いてアップのため優しいグレードを登りだすと案の定雨粒が落ちてきた。
垂壁は風向きで濡れるところがありますので上部が被っているルートで3時頃まで登りました。
私は10dのニョロニョロを3.5便、手の皮がむげて初日から流血です。
二日目は午前中日が当たらない井上タワーエリアに行きました。
 <井上タワーエリア>
DSC_0076.jpg

私は<ストレートティー・11->のMOSを狙ってのぼりですが、核心でホールドを読みきれずフォール・・・ですが2便目でRP.
昼頃から日当たりが良くなってくるので井上タワーから魚道エリアに移動です。
魚道エリアは河原にあり上部が被っていますので雨にはめっぽう強い、6日は一日雨でしたが帰るまで登れました。
魚道エリアはイレブン台が沢山あり昨年の秋も<鈴木くんのルート・11b>をRPしたエリアです。
<波乱万丈・11b>をMFをかけて登るがやはり核心でフォール、いつものごとくしっかりムーブを作って次のトライにかけるがやはり核心のムーブガ中途半端で1テンとなりその日はそこまでだった。
夜の食事は宿泊所で鍋を囲んでワイワイガヤガヤ・・・・遅くまで飲み明かしました(いつものごとく二日酔い)。
3日目も非常に良い天気、午前中は比較的に涼しい切り株エリアに行きました。
私は<ドーナツビル・10b>をマスターでアップして本命の<サンドイッチとバナナ・11b>にMOSにトライする。
エリアで一番長いルートです・・・・気合を入れて登りだすが最初のハングであえなくフォール・・・結局ハングを越えれず宿題となりました。
昼からは昨日宿題になった魚道に。
 <雨に強い魚道エリア>
DSC_0082.jpg

仲間のNさんにヌンチャクをかけてもらって核心のムーブを参考にして登るが少しリーチの差で1テン2便目は完璧に登れてめでたくRPでした。
4日目は朝から雨でしたので雨に強い魚道、結局5時前まで雨の中登り帰路につきました。
本匠にくると楽しみが水車小屋の蕎麦と筍鮨、2日と4日はグルメを楽しみました。
 <筍鮨>
DSC_0069.jpg
 <手前が蕎麦豆腐>
DSC_0090.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。