2016_06
26
(Sun)23:06

石鎚山 6月26日(面河道)

6月26日は北アルプスに向けての訓練で、面河道で石鎚山を往復する。
渓泉亭駐車場出発7:23⇒面河登山口7:48⇒霧ケ迫8:26休憩8:35⇒愛太小屋10:10トイレ休憩10:35⇒観音水場11:21休憩11:26⇒弥山着11:48休憩12:48⇒面河登山口15:35⇒渓泉亭着15:51・・・・全工程8時間14分 <内休憩1時間30分>
冬山が終わり夏道トレックでは長い距離をご無沙汰していましたので、工程的にはヘロヘロ登山でした。
8月の北アルプスのジャンダルムからダイキレット縦走に向けて体力UPをしていきます。
下山は恒例のクリーンハイクですが面河道は比較的にゴミが少なかったようです・・・霧ケ迫の水場では虫除けネットを拾い渓泉亭の落し物コーナーに預けています。
 <早朝の渓泉亭>
1
 <愛大小屋到着>
222.jpg
 <弥山広場の様子>
4.jpg
 <見え隠れする天狗岳>
5.jpg
 <新しくなった矢山の御神体>
6.jpg
 <水量が多い面河>
7.jpg
  <霧ケ迫の水場の落し物・・・渓泉亭に預けています>
A15A6793.jpg
 <クリーンハイクの産物>
DSC_0176.jpg
スポンサーサイト
2016_06
06
(Mon)01:29

石鎚山 1982m ~西冠のお花畑

2016年6月6日(月)           参加者 女性 1名

西ノ冠岳の下にお花畑があります。
今日は そのお花畑に咲く ユキワリソウ、キバナノコマノツメ、イワカガミ、アカモノを
見にいってきました。

7:55 石鎚スカイラインから見た石鎚山、槍ケ岳のように尖がっています
s6P6061493.jpg

9:10 だんだん ガスってきて 石鎚山もお隠れになりました
s6P6061521.jpg

木々の隙間から見る山並もガスが湧きあがっています
s6P6061522.jpg

9:50 天狗岳にもガスが押し迫ってきて 見え隠れしています
s6P6061533.jpg

登山道の木道も壊れています。でも 帰りにはきれいに直っていました
s6P6061537.jpg

10:15 二ノ鎖元の休憩所の周囲は 立派な木の囲いが出来ていました。
s6P6061541.jpg

10:30 登山道より石鎚山を望む
s6P6061552.jpg

10:40 二ノ森・面河渓の標識から西ノ冠岳のお花畑を目指します
s6P6061556.jpg

この辺りから ガスで真っ白になり 何も見えません
s6P6061561.jpg

11:20 西ノ冠岳下のお花畑に到着、ユキワリソウ、キバナノコマノツメはやや終盤です
     なぜか イワカガミはほとんどない。すでに終わったのか、でも すぐ近くには
     まだ いっぱい咲いていました。
s25P6061593.jpg

ユキワリソウの色が薄いのは もう終わりが近いってことです。
ここはガレ場ですが 辺り一面お花畑になり 登山者も多く訪れるところです
s6P6061627.jpg

13:10  神奈川から来た若者が二ノ鎖を登ると言うので 私も1年ぶりに登って見る。
なぜかと言うと この鎖のところには イワカガミが咲いているからなのです
s6P6061680.jpg

神奈川の若者が登ってきた。スリリングで楽しかったと彼の感想です
弥山から天狗岳もご一緒しました。こちらも こわごわ登っていきましたが
スリルがあって楽しかったと言われてました。良かった~ね。
s6P6061691.jpg

13:15 弥山には 新しい鳥居と社が出来ていました
s6P6061690.jpg

14:00 いつもの天狗岳で記念撮影、神奈川の若者に撮ってもらいました
周りは ガスで真っ白になっていて展望は無しです
s6P6061733.jpg

         山頂のトイレは 8月から 携帯トイレ専用ブースになります
             登山者は 携帯トイレを持ってきて ブースで用をたすことになります
             s6P6061742.jpg


登山道沿いのブナの森  まだまだ新緑が綺麗で 心癒されます
s6P6061766.jpg

今日見た可愛いお花たち

     ユキワリソウ
     s25P6061584.jpgs25P6061579.jpg

     イワカガミ
     s25P6061636.jpgs25P6061683.jpg

     アカモノ                     マイヅルソウ
     s25P6061654.jpgs25P6061524.jpg

     シコクシラベの球果              ドウダンツツジ
     s25P6061663.jpgs25P6061722.jpg

      ツマトリソウ・・ここ2年ほど見かけなったけど 少し離れたところで見つけました
     s25P6061713.jpgs25P6061706.jpg

      ミヤマダイコンソウが咲き始めました。   
      僅か10㎝足らず                ナンゴクミネカエデ
     s25P6061719.jpgs25P6061743.jpg

ツノクロムシ・・つのに3本櫛状のものがついています。大きさは2㎝ほど
s6P6061554ツノクロツヤムシ
      
ヒメヒミズ・・可愛そうに西冠の登山道で死んでいました。大きさは5㎝ほど
ヒメヒミズ


16:30   今日は お花畑は私だけ、ガスで何も見えなかったけど それも善し。
二ノ森まで行こうと思ったけど ガスっている上に 膝の調子もいまいち。
      天狗岳を目指し、ツマトリソウを探しました。以前合ったところの近くを
      しゃがんで目線を低くして探すと5輪ほど 見つけました。ラッキー~~でした。
      
      弥山と天狗岳で ゆっくりし 下山しました。今日も一人でしたが
      楽しい1日でした。

                                 by katakkuri

続きを読む »

2016_06
05
(Sun)12:28

笹蔵湿原クリーンハイク 6月5日

梅雨に入った・・・・4週間ぶりに笹蔵湿原へ山岳会のSさんとクリーンハイクに出かける。
6月の1週目は全国一斉のクリーンハイク、雨模様ではあるが湿原の水溜りを期待して緑が鮮やかな新緑の森を歩く。
駐車場から10分と少しの所らから尾根沿いの登山道を上がるが、踏み跡がしっかりしているので道に迷うことはない。
所々に赤テープを付けてあるので踏み跡と赤テープを参考に歩いて頂いたら山の初心者でも安心してたどり着けるだろう。
中には無駄なテープや紐をやたらつけたがる方がいるようだが、辞めて頂きたいと思うのは私だけかな~、品のある付け方はいいと思いますが?
役1時間と少しで目的の笹蔵湿原に到着するが、途中に下山する2パティーと連れ違う、それぞれ10名程度はいただろう。
湿原に付くとテレビカメラが入っていた、カメラを構えるカメラマンのディレクターに西条自然学校のNPO法人の山本さんであった。
カメラの撮影を終えると私たちは周りのゴミ拾いをして下山に取り掛かるが、今日は約30名の方が訪れていたが殆どごみの投棄はなかったようだ。
下山は登山道の忘れ物やゴミを回収しながら新緑の回廊を楽しんで下山した。
 <カメラを構える姿が良いですね・・・テレビ愛媛>
1
 <水を湛えた馬杉苔の湿原>
2
3
 <池にはヤモリが群れていた>
4
 <湿原の横にある大木は枯れているが堂々と立ちはだかっている・・・・上部のでっぱりは何とも立派>
5
 <湿原の近くにヒメシャラの群落>
6
 <登山道にあるセクハラの木>
7
 <倒れた古木には新しい命が湧いている>
8
 <登山道入り口の傾斜にはギンリョウソウが沢山咲き誇っていた>
9
 <忘れ物や落し物の回収>
10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。