FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_06
25
(Thu)02:38

瀬場~八巻山~東赤石山~権現越~床鍋

6月22日(月) 曇り   参加者 2名

花の百名山 東赤石山へお花を見に出かけた。

今回の一番の目当ては ゴゼンタチバナです。
四国では見ることができない花ですがいつもの場所に咲いている
だろうか?タカネバラ、オオヤマレンゲも人気のお花ですが 今年は
度の花も花つきが悪い。
ロックガーデンのお花たちも咲いているだろうかなど 思いながら
登山開始です。

松山 4:30 ~ 瀬場登山口 6:40ー6:55 ~ 瀬場谷分岐 7:45  
~ 赤石山荘 9:50 ~ 八巻山 10:55 ~東赤石山 11:40 ー 12:15 ~ 
権現越 13:35 ~ 床鍋登山口 16:30 ~ 瀬場登山口 16:55

6:55 瀬場登山口
s5P6221438.jpg

真っ赤なヤマツツジが綺麗に咲いている
s5P6221440.jpg

7:45 第1渡渉地点 瀬場谷の一本橋~休憩しないで先を急ぐ
s5P6221443.jpg

7:47 瀬場谷分岐を左俣コースへと赤石山荘に向う
s5s8P6221448.jpg

8:30 第2渡渉地点 2本橋があるがかなり古く朽ちかかっている
s5P6221455.jpg

沢沿いの登山道には真新しいロープが張ってある
s5P6221461.jpg

9:10 第3渡渉地点 
s5P6221463.jpg


赤い岩がゴロゴロした登山道をどんどん登っていく。山荘の近くには 
シラヒゲソウがたくさん咲いており1ケ所に7~8本咲いていた
s5P6221478.jpg

イヨノミツバイワガサの群落がそこらじゅうに咲いている。
一枝だけ映してみる。
s5P6221479.jpg

9:50 赤石山荘に到着。
s5P6221485.jpg

山荘の前と裏に咲いているオオヤマレンゲを見にいく。今年は 花数が少なく
寂しい感じ。でも いつ見ても貴婦人のように美しくうっとりと眺める。
s5P6221489.jpg

タカネバラも花数は少ないがあちらこちらに散在して咲いている。
グリーンの中に綺麗な濃いいピンクが映えて美しい。
s5P6221550.jpg

山荘からロックガーデンを直登して八巻山を目指す。ロックガーデンとは誰が
つけたのかいいネーミングですね。これから順々にいろんな花が咲いて我々を
楽しませてくれます。
s5P6221504.jpg

ホソバシュロウ 
s5P6221507.jpg

シコクギボウシの蕾
s5P6221513.jpg

ロックガーデンのシンボル キノコ岩
s5P6221516.jpg

ユキワリソウが咲き残っていた。
s5P6221529.jpg

10:55 八巻山山頂
s5P6221533.jpg

八巻山から東赤石山を望む。ちょうど ガスが瀬戸内から上がってきた。
s5P6221534.jpg

ネバリノギラン
s5P6221537.jpg

コウスユキソウ
s5P6221547.jpg

11:30 赤石越
s5P6221551.jpg

11:40~12:15 東赤石山山頂  Nさんの手作りの野菜のきゅうりの漬物と枝豆を
いただきながら おにぎりをほおばる。
s5P6221553.jpg

クロソヨゴ
s5P6221558.jpg

キバナツクバネウツギ
s5P6221560.jpg

タカネバラ
s5P6221562.jpg

13:10 権現越・赤石山荘・東赤石山分岐
s5P6221568.jpg

オオナルコユリ
s5P6221571.jpg

ハンショウヅル
s5P6221573.jpg

カノコソウとハナニガナ
s5P6221578.jpg

コメツツジ~赤石山荘近辺やロックガーデンにもたくさん見られる。
s5P6221590.jpg

13:35 権現越  東へ進むと権現山~黒岳~エビラ山~二ツ岳と続く。
s5P6221593.jpg

権現越からいi岩がゴロゴロした登山道を30分ほど行ったところに
登山道が崩れて岩がむき出しのところがあった。
s5P6221602.jpg

その少し下には 橋が架かっていたらしく朽ちた橋が横たわっており
大きな岩を登り越えて歩かねばいけない・・・が 上がってみると木の橋の
下に道がついていた。
s5P6221604.jpg

写真の橋は危険この上ない。体重制限でもしないと危険である。
この危険な橋を渡って しばらくすると床鍋へ下りる標識がありました。
Gさんのブログのよると瀬場谷へつながる巡視路があるようだ。私達も
初めての道を歩くことにする。
s5P6221606.jpg

このような橋が6~7本はあったでしょうか。せっかく標高を下げていたのに
登り返したりと植林帯を長い時間歩き また 登り返しと結構 時間をかけて
歩いた。ちょうど巡視路の尾根にとりつき綺麗な歩きやすい巡視路を
歩かせていただいた。鉄塔もいくつかありました。地図を見ながら歩いた
つもりでしたが瀬場谷へ下りる道がわからず 結局 巡視路を下山しました。
s5P6221610.jpg

NO.27の鉄塔
s5P6221614.jpg

巡視路の尾根道を下りたところ
s5P6221618.jpg

未舗装の林道に出て10分ほど歩くと見たことのある登山口、床鍋登山口に
着いたのでした。
s5P6221619.jpg

16:30 床鍋登山口 ここから舗装された道路を瀬場まで25分ほど
歩きます。
s5P6221621.jpg

今回の反省点
床鍋へ素直に下りたら良かったのですが 床鍋から瀬場までの林道を
歩かなくてもいいルートがあるならと思い 瀬場谷へ下りる道を選びました。
巡視路の尾根道にある950m辺りに瀬場谷へ下りる赤テープがあったのです。
Gさんが6月に同じ道を歩かれてました。お尋ねしましたら わかりやすく
ブログにアップしてありました。
Gさんが瀬場谷~瀬場登山口と私達が歩いた巡視路と時間的には 
変わらないと思いますが たいへんな遠回りになりました。
もう 二度と歩くことはないと思いますが いい勉強になりました。
Gさん ブログアップありがとうございました。

最後に一番の目的のゴゼンタチバナは見つけることはできませんでした。
ネットの知り合いの方からの情報では消滅したそうです。
残念ですが 別のところで小さい株が育っているようです。
それを楽しみに数年後には 会いに行きたいと思います。
              by katakkuri
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。